「 肩こり、腰痛について/ 腕と脚との関係 」

2016/02/12

よく腰痛の方で脚の緊張や歪みを取ると腰が楽になる方がいます。

その場合、脚の緊張や歪みが腰に影響していると言う事になります。

以前書いた様に歪みは下から上に伝わりやすいのと、脚と腰は繋がっているので、脚の緊張や歪みが腰に影響しやすいのですね。

肩こりも腕の緊張を取ると肩が楽になる方も多いです。

腕と肩は繋がっているので、腕の緊張や歪みが肩に影響しやすいのですね。
なので基本、右腕をよく使う方は右肩がこりやすい、コックさんの様にフライパンを左手で振る人は左肩がこりやすい、乳児の抱っこも左手で頭の方を支えて抱える場合多いので左肩がこりやすいのですね。
ただ原因が腕や脚だけではない場合もあるし、最初の原因が腕や脚でも、長い間、腕や脚に引っ張られた状態で過ごす為に、肩や腰自体に骨の歪み等がある場合は当然、肩や腰の骨の歪みも整えないと改善しないのですね。

 

当院も肩こり、腰痛の方は基本、腕脚から診ます、患者さんは早く肩や腰をやってよ!!と言いたそうですが(笑)
でも根本原因が腕や脚からなら、肩、腰しか診ないと直ぐに再発してしまうからですね(つづく)

 

当院でお勧めの腕や脚も身体全体の緊張や疲労の回復はブログのトップの「2つのツール」をどうぞ!!