『 腰痛、肩こりについて/ 座る姿勢と歪みの関係2 』

2016/03/31

今回も座る姿勢によって身体が歪み肩こり腰痛になる私の考えを書きますね。

 

前回書いた様に座る姿勢で直接歪みやすいのは脚と骨盤で、座る姿勢がそのまま歪みになります。

良く脚を組む人がいますが、基本そのままの形で歪むので上げてる脚の骨盤が上方後方へ歪み、膝を反対の足にかけるので反動で股関節が外へ出てきます。

子供が良くやる脚は組まないが足首の所で交差して座るとO脚になりますね。

 

基本的に左右均等で脚は真っすぐの座り方以外はその形で歪んでしまいます。

 

そのままで歩いてると当然、腰も歪んできます。そして脚の神経は腰から出ていますので腰が歪んで腰から出てる脚の神経の流れが悪くなると脚の回復力が低下します。そして悪い座り方を続けると→さらに腰が歪む→脚の回復力が低下して治りにくい悪循環になるのですね。(つづく)

 

当院でお勧めの回復力(自然治癒力)を助ける「2つのツール」は、ブログのトップをどうぞ!!