『 腰痛、肩こりについて/ 立ち方と歪みの関係 』

2016/04/07

今回は立ち方によって身体が歪み肩こり腰痛になる私の考えを書きますね。

前回書いた様に座る姿勢は靭帯、筋肉が緩んでるので、脚と骨盤が歪む原因になりやすいですが、立ち方も習慣的にしていると歪む原因になりますね。

 

良く脚を交差立ちする人がいますが、してみると分かりますが股関節を外へ押し出す力が働きます。それを習慣にすると股関節が外へ出て骨盤が広がり四角形になり股関が広がりO脚になります。

片脚荷重の休めの立ち方は荷重した側が上と同じ様に歪みますのでいつも同じ側をしていると片脚O脚になります。

 

足の外側荷重も、足首が外へ傾いて脚の外側の筋肉が張り股関節が外へ出て骨盤が広がり四角形になり股関が広がりO脚になります。

 

人形を立たせると分かりますが2本足で立つだけでも大変な事なので正しい立ち方をしないと身体が歪み肩こり腰痛になるのですね。

 

脚や骨盤が歪んだままで歩いてると当然、腰も歪んできます。そして脚の神経は腰から出ていますので腰が歪んで腰から出てる脚の神経の流れが悪くなると脚の回復力が低下します。そして悪い立ち方を続けると→さらに腰が歪む→脚の回復力が低下して治りにくい悪循環になるのですね。(つづく)

 

当院でお勧めの回復力(自然治癒力)を助ける「2つのツール」は、ブログのトップをどうぞ!!