『 肩こり、腰痛について/ 肩こり、腰痛と腕脚の関係2 』

2016/05/27

以前、脚の疲労や歪みによる緊張が骨盤や腰の歪む原因になりやすいと書きましたが今回は腰の歪みが脚の症状の原因になりやすい私の考えを書きますね。

 

どっちが本当なの?と思いますがどちらも本当です。

 

特に腰をぶつけたり腰に負担が掛かる事がなければ、脚の疲労や歪みによる緊張が骨盤や腰の歪む原因になりやすい様です。

 

実際に脚の疲労や歪みによる緊張を取ると骨盤と腰が改善する事が多いです。

 

脚の緊張や疲労が慢性的に骨盤や腰に溜まると、骨盤や腰が歪んで腰骨が詰まって来て腰から出てる脚の神経の流れが悪くなりその結果、脚の動きが悪くなったり痛みシビレが出たりするのですね。

 

つまり、脚の疲労や歪みによる緊張→腰の歪みになり→脚の症状となるのですね。

 

その場合は腰の組織が歪んでしまってるので脚だけ施術しても腰の組織の回復に時間が掛かるので脚の施術+腰の施術が必要になります。

 

それで肩こり、腰痛の場合も基本、腕脚から診ます、患者さんは早く肩や腰をやってよ!!と言いたそうですが(笑)

でも根本原因が腕や脚からなら、肩、腰しか診ないと直ぐに再発してしまうからです(つづく)

 

当院でお勧めの歪みを溜めずリセットする方法はブログのトップの「2つのツール」をどうぞ!!