『 肩こり、腰痛について/「ヘビ背」の原因とケア2 』

2017/09/24

肩こり、腰痛になる要因の中で一番多いのは、悪い姿勢ですね。

 

悪い姿勢でまず出て来るのは猫背ですね、あと以外と多いのは「ヘビ背」と言われている歪み姿勢で背骨を後ろから見た時に真っすぐではなくヘビの様にカーブしてる状態です。

 

前回に続き、肩こり、腰痛になる要因の「ヘビ背」について私の考えを書きますね。

 

症状名で言うと「機能性側弯症」で悪い習慣的な姿勢や悪い身体の使い方をするとなるとされています。

 

歪みが酷くなると内蔵を圧迫して内蔵の障害が出やすくなったり、背骨の近くの血流を阻害して頭や臓器の循環不良になったり、神経の流れを阻害してシビレや痛み等の神経症状を起こす可能性もあります。

 

あと左右の筋肉の成長がアンバランスなり肩こり、腰痛になりやすくなります。

 

原因として考えられるのが、いつも同じ側にカバンを持つ、いつも同じ側に足を出して横座りをする、いつも同じ側に足を組んで座る、いつも同じ側に横向きで寝る、左右アンバランスなスポーツ等です。

 

私の考えだと、なりやすい要因としては先天的に靭帯が柔らかい人は背骨を支える力が弱いのでなりやすいと思います。

 

あと、私の診た感じでは「ヘビ背」は女性が多く感じますので、女性はホルモンの関係で生理の時は靭帯がゆるみ背骨を支える力が弱くなるのでなりやすいのではと思います。

 

「機能性側弯症」の問題は見た目の姿勢の悪さもありますが高齢になってからヘルニアや狭窄症になりやすくなる事ですので早めのケアが大事ですね。(つづく)

 

ケアの方法としては偏った座り方や立ち方にならない様にして全身をなるべくバランス良く使うことですね。

 

やはり、正しい姿勢を心がける事が大変大切ですね。(つづく)

 

只今、当院では、ホームケアとして「自分で出来る、カンタン整体法」も教えています!!

 

まだ、来院したことのない方は是非来て下さいね、お待ちしております!!

 

当院お勧めの「自分で出来る骨盤矯正の2つのツール」は、ブログのトップをどうぞ!!