『肩こり、腰痛について/ 何故、お正月にギックリ腰が多いのか? 3』

2018/01/14

毎年、必ずお正月にギックリ腰や、ギックリ背中や、ギックリ首の方からお問い合わせの電話が来ます。

 

悲痛な声で、「…あの、こっ腰が痛くて困ってるので診てもらう事は可能でしょうか?」こんな感じの電話を頂きます。

 

お正月でも緊急の場合は、私が可能な時間に合わして頂いて診ています。

 

今回も年末から年明けにかけてギックリ腰の方が多く来院されました。

 

多い原因は3つで、

・普段、十分な睡眠を取らずに働いている方が急に寝だめした場合。

 

・主婦の方で大掃除やお正月の用意で疲労が溜まり、お正月も休む暇なく働いた場合。

 

そして3つ目が内蔵の疲労から来る場合です。

 

年末に、忘年会等で肝臓や他の内蔵に疲労が溜まったまま、お正月に入り、お正月も、昼から夜まで飲んだり食べたりするので内蔵に疲労が溜まってしまい、十分な血液が筋肉の方に巡って来なくなってお正月から年明けに良くギックリ腰や、ギックリ背中や、ギックリ首になるのですね。

 

気節の変り目も寒暖差により(ギックリ腰・四十肩・寝違え等)なる方も多い時です。

当院は休み中でも緊急の場合は、私が可能な時間に合わして頂いて診ています。

遠慮なくお電話をくださいね。 

 

只今、当院では、ホームケアとして「自分で出来る、カンタン整体法」も教えています!!

 

まだ、来院したことのない方は是非来て下さいね、お待ちしております!!

 

当院お勧めの「自分で出来る骨盤矯正の2つのツール」は、ブログのトップをどうぞ!!