『 肩こり、腰痛について/ 腰痛と食あたりの関係 』

2018/07/12

梅雨が明けたとたん、茹だる様な30度を超える陽気の日が続いてますが、今回は、腰痛と食あたりの関係について私の考えを書きますね。

 

あまり知られてませんが、食あたりから来る腰痛があります。

 

腰の筋肉は腸の後ろにあるので、腸が食あたりで炎症起こすと、すぐ後ろにある腰の筋肉が緊張しやすくなります。

 

梅雨から真夏にかけて、気温と湿度が高く食べ物が傷みやすいので要注意ですね。

 

あと良くあるのが、激辛な食べ物を食べると腸が炎症起こしてギックリ腰になります。

 

食あたりから来る腰痛は、食べた物が出てしまえば腰痛も回復にむかいます。

 

急に、食あたりから腰痛になった時にも「整体いらずの腰のケア」を知ってるとラクに早く回復します。

 

只今、当院では、ホームケアとして「整体いらずの腰のケア」を教えています!!

 

まだ、来院したことのない方は是非来て下さいね、お待ちしております!!

 

当院お勧めの「自分で出来る骨盤矯正の2つのツール」は、お知らせのページをどうぞ!!